ダイエット

たまったものを排出しよう

便通が悪いとお腹がぽっこり見えたり、太る原因にもなります。勿論慢性的な便秘は、体にもよくありません。肌荒れも起こします、ストレスでイライラもします。また毒素を出しているので、腸の病気にもなりやすくなります。便をためこんでいる利点なんてありませんよね、毎日きっちり排便することが理想です。また便秘の時に、安易に薬に頼ってしまうのはあまり良くありません。最初のうちはそれで効果が得られるのですが、あまりにも薬に慣れてくると聞かなくなってきます。さらには、自分で排便する機能も低下してしまうのです。便秘着にも人は、根本から解決していくようにしましょう。朝いつもより少しだけ早く起き、水や牛乳を撮ってからゆっくりとトイレに入りましょう。食物繊維の多い野菜、海藻、キノコ、こんにゃくをたくさん取りましょう。他にも、油はちょうを刺激するために必要なので、一日大さじ1〜2杯はとるようにしましょう。勿論これは飲んだりするのではなく、炒めものに使用したりするという意味です。他にも、悪玉菌を減らし善玉菌を増やすような食材を取り入れましょう。例えばヨーグルトなどがそうです。そして、忙しいから、または恥ずかしいからといってトイレを我慢することがないようにしましょう。他にも運動不足にならないように気をつけましょう。

ダイエット中でも栄養素は必要

綺麗に痩せるためには、ちゃんと栄養をとることが必要です。極度の食事制限や○○だけ食べなどのダイエット方法はやめ、バランスよく摂取するようにしましょう。ダイエットは、今までの食事スタイルを見なおす良いきっかけにもなります。バランスの良い食事は、ダイエットだけではなく、健康そのものに繋がります。体に欠かせない栄養素を紹介するとともに、ダイエットにも役立つものは少し詳しく見て行きましょう。まずタンパク質です。タンパク質は血や筋肉、臓器、皮膚、髪の毛、爪など体を作るために必要不可欠です。これが不足すると新陳代謝が下がり、痩せにくい体になります。次に脂質です。これは、体を動かすエネルギーになります。また、腹持ちを良くしたり、便通を良くしたりもします。糖質も体を動かすためのエネルギー源です。必要な時に、すぐにエネルギーに変わる優れものです。脂肪を燃焼する役割も持っています。不足すると体がだるくて運動ができない、すぐにお腹が空く、集中力がなくなる、便秘になりやすくなるなどダイエットに支障をきたします。他にも、カルシウム、鉄、ビタミンが必要です。最後に食物繊維を紹介します。便通を抑止、町内の老廃物を体の外に排出する役割を持っています。またこんにゃくやキノコ、海藻などは低カロリーでもありダイエットサポートの強い味方です。